2007年06月24日

株やる人には、注意です

▲システムトレードという言葉

昨年から急激に流行っています。

これは、株式の現物を売買するよりも


日経225などのインデックスを売買するのに向いています。


企業業績や、いわゆるファンダメンタルズなど一切考慮しなくて済むからです。


現在日経225インデックスの市場規模は500兆円


そして、日経225を売買する


日経225先物 市場は300兆の規模です。




株式プロトレーダー、ディーラーは

100%日経225先物を売買します。


現物の225とからめて売買

オプションとからめて売買です。



素人、個人投資家も、実はものすごい勢いで

225先物に(ミニも含めて)参入しています。



少ない金額で大きな投資効率が上がること、

日経平均という分かりやすい投資対象であること

銘柄を選ぶ必要が無いこと


流動性が抜群(売りたいのに、買いたいのに商いが出来ないということが無い)なこと

が理由です。




この225先物でプロが使う方法がシステムトレードです。


考えない、統計に基いて勝てる可能性(勝率ではありません)

勝つ場合と、負ける場合の比率が重要なのです。

勝率は30%でも資産は増えます。


1回勝つ時は、1回負けるときの何倍の利益が取れるかということが重要です。



この検証に基いてシステムを決めて、それにしたがって売買するのが

システムトレードです。


※検証の数字は過去の結果以外、何物でもありませんから、

現在、未来永劫それが機能するとは絶対にいえません

これは何でもそうです。


店だって、今まで儲かったからって

明日からも儲かるとは限らない。それと同じです。※



システムトレードは損しても、損しても、損しても、損しても


システムで決めたことを繰り返し、毎日続けなければなりません。

なぜなら、負けそうだから今日はトレードやめとこうと


トレードをやめた日に限って、ボロ勝ちしてた・・ということが無いとも限りません。


負けても、負けても、勝つ事があるから、一度システムを決めたら

続けることに意義があります。


年間通してマイナスになったとしても・・。



次の年は大きく勝てるかもしれないからです。



その時にやめていたら、何のために損したのか分かりません。




これは、実は人間ワザでは、なかなか続けられません。


気持ちが折れます。

絶対折れます。


だから、自動で勝手にトレードをしてくれるソフトを売っています。


スイッチ一つで、完全自動売買です。


勝っても、負けても完全自動売買です。

年間通して負けても、

また、自動売買です。


勝つことを、過去の検証結果を信じて、

自動売買に任せます。


これは重要です。


非常にメール長くなっていますが、

これは重要です。



途中で、やめたら意味が無い。

でも、過去の検証が成り立つとは決まっていない。

目先、損が膨らんでいる・・・。



このときのあなたの決断は?


何回続けて損したら

もうやめた、となりますか?


4回続けて?

5回は全然大丈夫?

6回が限度?



3回でダメ?


そして、この自動売買のソフトは

物によっては、

平気で150万円くらいの値段が付いています。(高いですか?安いですか?)



このソフトを作っている会社は

本気で、必死でこのソフトを社員を使って

営業して、セミナーをして


売ろうとします。


企業ですから当たりまえです。


欲しいですか?





でも、自動でガンガン資産が何十倍にも増えていくなら、

(お金を増やす自動販売機のようです)


社員要りません。


集めるだけ集めた資金を自動販売機に入れれば


それがどんなビジネスよりも割の良い投資となります。

ところで


225先物のシステムトレードで良くあるのは

寄り、引けシステムです。



これは、寄りで買って、引けで売る。

(最初の価格より、終わりの価格が高ければ儲かります)

もう一つ、

寄りで売って、引けで買う。

(最初に付けた価格よりも、最後に終わった価格が安くなっていれば儲かります)



この2つのうち、どちらかに賭ける方法です。


利益の額は、一日の初めと終わりの価格の差

損失は、あらかじめ決めたロスカットの額となります。



しかし、勝ち負けは、上か、下かだけです。


これを、相場が始まる前に当てられるかだけです。

そのためのシステムです。



しかし、現実には勝ち負けは50%前後になるのが殆んどです。

大抵のシステムはそんな感じです。


取れるとき取れるから、50%の勝率で構わない。

それは正解です。




ただし、さっきも書きましたが、

半々の確率なら、負け続けることも多いです。


そうすると心が、折れる。


だから、嫌でもソフト(機械が)が機械的に売買するというのは、理にかなってます。


普通の人は嫌になります。



ここで、少し疑問というか

儲かる方法を感じませんでしたか?



そうです。


どうせ寄り、引けシステムの勝率が50%前後なら、それで勝てるなら


毎日、寄りで、売って、引けで買う

または、寄りで買って、引けで売る。


このうち、利益が少しでも出る方を

ロスカットだけ決めて、何も考えずに単純に繰り返す。

それで儲かるのではないか?




そのとおりです。


実際シュミレーションでは

寄りに売って、引けに買い戻す

これを繰り返すことで資産が増えていきます。



しかし、やられる金額も大きいです。

これに耐えられたらという前提です。



つまり、

随分話が長くなりましたが、何が言いたいのかというと、

システムトレードは簡単です。

でも、

なかなか実際には出来ません。


勝率が低くければ・・・。

負け続けることが多ければ・・・



ということです。


そのためにどうすればいいのかは


メールを読んでくれている人には


次の機会にしっかり伝えます。





あなたはシステムトレードの世界

少し、わかりましたか?






◆レポート(すべて推薦のみ)無料なので、
まだ見ていない人は見てみてください。



日経225システムトレード 完全公開(その1)
http://tinyurl.com/33uuo8




日経225システムトレード完全公開(Vol.2)
http://tinyurl.com/2zw87v


システムトレードの始め方が分かります。
初心者にもおすすめレポートです。


スイングトレードの方法
http://mailzou.com/get.php?R=9148&M=2977



株式投資・FX・日経225のシステムトレードをやる前に読む
http://mailzou.com/get.php?R=9057&M=2977





マイナス2500万円からの資産倍増システム売買
http://fm7.biz/2a9f

伊藤義真

解除はこちらです。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=5874


このメールはレポート購読、メルマガ登録の人に送っています。

解除したにも拘らず、ごく稀にメールが行くことがあったとしても
解除手続きは間違いなく行ないますので、私から二度とメールが届くことは
なくなります。ご安心下さい。




★☆★



◆最低でも年利100%以上は叩き出せる、


あるトレード手法


トレード履歴もすべて見せます。

↓         ↓
http://tinyurl.com/2ocoem





posted by 株儲け at 10:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 01:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。