2006年12月24日

トレード手法

こんにちは

メルマガ・・・明朝NY市場が暴落しても・・・・

ところで、
あなたは、株価はどうやって決まると思いますか?

もちろん企業業績によって決まる!

なぜなら、

来期1株あたり利益が50円になるから
同業種のPERと比較して、この株は
1,500円程度になるから・・・。

このメルマガを読んでくれている人は
こんな答えはしないと思います。


答え・・・株価は需給関係によって決まります。
☆そしてもう一つ○○○によって決まります。


株価は
株を買う人が多ければ上がり、
反対に株を売る人が多ければ下りますね。


上昇相場では、
株価は人気が付きだすと多くの人が売買に参加してきます。
そのため出来高も増えます。目先の高値では出来高も目先では
最も多くなることが多いです。

その後天井を打って、下落して、大底値圏では
出来高が少なくなっています。

この過程を人の心理面から見ると

買った人がここで売りたいと思う場面の心理を理解すれば
需給関係からみた
相場の動きを判断できることになります。

株価がどの水準の時多くの人がその株を買っているのか?
この水準が需給関係の抵抗線となって株価は動きます。

上昇相場では、目先の最高値をつけた株価は一度下り
その後、2番天井という2番目に高い高値を付けに再び上昇します。

このときの株価は目先の最高値を付けに行く過程で株を買った人達の
加重平均(1番出来高の多い価格帯)近辺に来ると、
多くの売りが出て上昇を抑えられます。

(その時の出来高は1番天井以下になるパターンが多いです。)

2番天井はこのように高値の10%から15%範囲の加重平均(買った人の1番多い価格帯近辺)
あたりで止まることが多いので、

上昇相場ではここを見極めて戻り売りをするトレード手法があります。


最近の高値と安値、その出来高に注目すればある程度動きを掴んで
売買できるという例です。

そして、○○からの乖離○%トレードについては



明日のメールでお伝えします。

○%乖離方法の一つ・・・


伊藤

レポート、メルマガ購読ありがとうございます。
http://nxw01.jp/g.php/4F3t20X7Za8f1pkl5O
posted by 株儲け at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

死んでも損切りしない人たち 死んでも損切りしない人達

こんにちは


・・明朝NY市場が暴落しても・・・・



突然ですが、
株式市場で勝つためにこれだけは何が何でも必要だ!
というものを次の中から3つだけ選ぶとすると
どれだと思いますか?

1、移動平均線
2、企業業績
3、PER
4、銘柄選定
5、トレンド
6、情報
7、タイミング
8、売買技術
9、資金配分
10、直近の高値、安値、出来高の数値
11、感情をコントロールすること



答えは、
トレンド、資金配分、感情をコントロールすることです。

直近の高値、安値、出来高の数値はこれを把握しないと
トレンドが分からないので、4番目に大切です。

あなたが、もし、企業業績を必要なものと選んだとしたら
きっと、証券アナリスト的な人ですね。

しかし、トレーダーは別の生き物です。
動きを捉えて利益をかっさらうのがトレーダーです。

株価は企業業績よりも6ヶ月程度先行するといわれています。
株価を捕らえて儲けるのに株価から半年遅れる企業業績を気にしていては
利益をかっさらわれてしまいます。

そして、もし、あなたがタイミングを選んだとすれば、
それはある意味正しいのですが、
相場のタイミングをバッチリ捉える必要はないですし、
バッチリ捕らえるのは不可能です。


それよりも相場の大きな流れ、(トレンド)方向性がわかれば
少々ヘマをしても儲かります。

上げトレンドでは買っていれば良いだけです。
反対に下げ相場だとわかれば、売っていれば良いだけです。

極端な話これだけでも儲かりそうだと思いませんか。
1989年までは買い、それから10年は売り・・。

銘柄を選ぶ必要もトレンドが分かることに比べたら
小さな問題です。

そして、
感情をコントロールすること・・・
これが出来ない人の中には
絶対に損切りしない人、損切り出来ない人達がいます。


この続きと具体的なトレードの手法は
明日のメールでお伝えします。

伊藤

レポート、メルマガ購読ありがとうございます。
http://nxw01.jp/g.php/3SwLB0NZLuid1pkl5O



posted by 株儲け at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

ダメな本部は立地判断能力無し。

立地判断こそがFC,ライセンス本部の最大のノウハウ!! 2006年11月26日
こんにちは、

最近物件を探していると
以前なら、空き物件となっていたようなところが
ドンドン埋まって行っています。

景気回復と言われていますが

出店意欲の高い、業種、業態に関しては

物件確保が大変活発になっています。

以前と違う傾向として、

新しい業種、業態が今まででは他の業種、業態では成り立たなかった立地を

出店可能立地に変えてきていると言うことです。

コンビニや飲食店では成り立たなかった立地が

ランドリーでは成り立つという様な例です。


このような傾向の中で、注意すべきことを感じています。


それは、フランチャイズ、ライセンス等の形態で出店をする本部の中には

自社の成功パターン、出店立地に応じた検証が出来てないにもかかわらず

安易に加盟店に責任感なく出店させる本部があるということです。


1店たまたま成功した。
ライセンス展開だと安易に出店を加盟店に勧める・・・。

その時に

その成功の要因となる出店立地はどのようなものなのか

他の立地では成り立つのか、

どのような立地ならば、出店可能で、出店不可能なのはどのような

立地なのか。


これらのことが全く検証されていないというケースがあります。


これでは、本部としての一番大切な成功のためのノウハウが

欠けているといわざるを得ません。

作り上げたパッケージがどのような環境(立地)で

機能するのか。

この検証が充分出来ているのかを加盟の判断基準として
重要視してみてください。

立地の基礎の基礎


http://mailzou.com/get.php?R=3075&M=2484


http://www.e-routeway.com/
posted by 株儲け at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。