2006年09月30日

月の影響



こんにちは
来週7日土曜は
満月です。
月の満ち欠けのサイクル
星の運行のサイクル

大昔から注目されていたサイクルですが、
月の満ち欠けに合わせて
株式を売買する人もいるらしいですね。

儲かるかは検証したことがないので分かりませんが、

相場にもサイクルがあることは紛れもない事実です。
それを捕らえることに多くの人が挑戦しています。


誰でも出来る資産倍増システム売買の手法
無料レポート
相場のサイクルが気になる方はここをクリックしてください
↓                ↓

http://mailzou.com/get.php?R=3578&M=2977



伊藤
posted by 株儲け at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

300万が1億に

こんにちは

ヤフーに投資して300万円が1億円になったというサラリーマンが
ニュースになっていたのを思い出しました。

なぜなら、最近、株で100万円が2000万円になったというような話を
たまに聞くからです。

すごいですね。
そのくらい儲かるといいですね。
1時間で800万円儲かった人もいました。

⇒ http://www.fcfpnet.com


でもその人がそうだったように、

おそらく儲かり続けることも無いと思うのです。

たまたま、儲かった。
今度は損した。

この繰り返しから抜け出すには、確率の高いシステムに基いて
投資をすると決めるしかありません。


http://www.fcfpnet.com



レポート、メルマガ購読ありがとうございます。

伊藤


http://improbic.ecbb.jp//clk.php?pid=708&type=1
身長163cmの金持ちおじさんが話す
98.7%の人間は一生知る事ができない
お金の不思議な秘密とは?・・・・

今すぐここをクリックしておじさんの話を聞いてみて下さい
http://www.hirahidenobu.com/?4510
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=







posted by 株儲け at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

FXで儲かる?

こんにちは
伊藤です。突然の質問で申し訳ないのですが、
あなたは、今、株やFXで儲かってますか?

「儲かってない!」と言う方だけ見てください


http://www.fcfpnet.com



レポート、メルマガ購読ありがとうございます。




http://improbic.ecbb.jp//clk.php?pid=708&type=1
身長163cmの金持ちおじさんが話す
98.7%の人間は一生知る事ができない
お金の不思議な秘密とは?・・・・

今すぐここをクリックしておじさんの話を聞いてみて下さい
http://www.hirahidenobu.com/?4510
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

posted by 株儲け at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

リスク

たとえばここにクーポン(利札)6%の期間10年の債券(国債)があったとします。

一方、現在の長期金利が1.4%であったとすれば、毎年6%ものクーポンのもらえる債券(国債)をもしも額面の100円で買うことができれば、それは、非常においしい話です。

ですから、通常は100円では買えません。
もっと高い価格でなければ買えないということになります。
(最終利回り1.4%になる水準、140円近い価格になってしまうはずです。)

逆に、クーポンが1.4%の10年国債があったとします。
今度は市場金利が6%にまで上がってしまったとします。

今、市場では6%の金利が貰える状況なのに、この債券を買った場合1.4%のクーポンしかもらえな

いのなら、誰も額面の100円でこの債券を買いたいとは思いません。

この場合は、100円よりもずっと安い価格でしかこの債券は取引されないはずです。

このように最後は100円で償還される債券でも途中の価格は金利によって上下します。

この価格変動が金利による変動リスクです。

為替リスクについては次の外貨預金のところで見てみます。
posted by 株儲け at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

外債金利

金利上昇リスク

2番めの債券のリスクは金利上昇リスクです。


債券は金利が上がると価格が下がります。

反対に金利が下がると価格が上がります。

債券は償還を迎えると額面の100円で戻ってくるものですが、償還までは金利によって価格が動きます。そして、償還が近づくに連れて価格も100円に近づいていきます。

たとえばここにクーポン(利札)6%の期間10年の債券(国債)があったとします。

一方、現在の長期金利が1.4%であったとすれば、毎年6%ものクーポンのもらえる債券(国債)をもしも額面の100円で買うことができれば、それは、非常においしい話です。

ですから、通常は100円では買えません。
もっと高い価格でなければ買えないということになります。
posted by 株儲け at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

非常識な投資マニュアル

こんにちは
伊藤です。
色々なレポートをお勧めしましたが

どうでしたか?


私も時間の限り色々なレポートを読んでいます。

理由は、

自分の使っている
「誰でも出来る資産倍増システム売買の投資法」を

上回るノウハウが出回ってないかの確認です。

今のところ、他の投資ノウハウを見ても、かなり曖昧な方法が
多く、誰でも簡単にと言うものはなかなか見当たらないので

安心しています。(笑い)



「誰でも出来る資産倍増システム売買の投資法」
公開はもうちょっとです。

万全のフォロー体制を作ってからにしたいと思っています。
・・・・人数限定になると思いますが・・・。


このシステムは、

充分投資の感覚が付いた方には驚きのシステムです。

チャート分析やテクニカル投資法で失敗した方
PERやPBRの指標は

裏切られる確率が高すぎだと感じている人、
移動平均線がクロスしたって、相場の方向は
分からないと知っている人

そういう人は
「誰でも出来る資産倍増システム売買の投資法」
を手に入れると

とにかく、驚きます。


まずは、投資の基礎を・・・

そして、資産倍増システム売買の手法を学んだ時、

パラダイムシフトが起きます。

今回は、まだ読んでない人に
私の無料レポート
非常識な投資マニュアル1
をお勧めします。

ここから入手できます。

http://fcfp.web.fc2.com/


資産倍増システム売買の手法についても
若干無料レポートもあります。

http://fcfp.web.fc2.com/


感想は 
fcfpnet@yahoo.co.jp
まで




http://improbic.ecbb.jp//clk.php?pid=708&type=1
身長163cmの金持ちおじさんが話す
98.7%の人間は一生知る事ができない
お金の不思議な秘密とは?・・・・

今すぐここをクリックしておじさんの話を聞いてみて下さい
http://www.hirahidenobu.com/?4510
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=



posted by 株儲け at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

色々なレポート読んだけど

こんにちは


先日お勧めしたレポート読まれたでしょうか?

どう思われましたか?

誰でも出来る資産倍増システム売買の投資法に関しては
幾つかのレポートで投資の感覚を身に付けられた後

お知らせします。
色々なレポートをお勧めしましたので
かなり、投資について皆がどのように考えられているか

理解されたと思います。

私も時間の限り色々なレポートを読んでいます。

理由は、

自分の使っている
「誰でも出来る資産倍増システム売買の投資法」を

上回るノウハウが出回ってないかの確認です。

今のところ、他の投資ノウハウを見ても、かなり曖昧な方法が
多く、誰でも簡単にと言うものはなかなか見当たらないので

安心しています。(笑)



「誰でも出来る資産倍増システム売買の投資法」
公開はもうちょっとです。

万全のフォロー体制を作ってからにしたいと思っていますので、
・・・・人数限定になると思いますが・・・。


楽しみにして居てください。

このシステムは、

充分投資の感覚が付いた方には驚きのシステムです。

チャート分析やテクニカル投資法で失敗した方
PERやPBRだと指標にしては

裏切られ確率高すぎだと感じている人、
移動平均線がクロスしたって、相場の方向は
分からないと知っている人

そういう人は
誰でも出来る資産倍増システム売買の投資法」
を手に入れると

とにかく、驚きます。


まずは、投資の基礎を・・・

そして、資産倍増システム売買の手法を学んだ時、

パラダイムシフトが起きます。

今回は、まだ読んでない人は
私の無料レポート
非常識な投資マニュアル1
を読んでみて下さい

ここから入手できます。

http://fcfp.web.fc2.com/


資産倍増システム売買の手法についても
若干無料レポートもあります。

http://fcfp.web.fc2.com/


感想は 
fcfpnet@yahoo.co.jp
まで




http://improbic.ecbb.jp//clk.php?pid=708&type=1
身長163cmの金持ちおじさんが話す
98.7%の人間は一生知る事ができない
お金の不思議な秘密とは?・・・・

今すぐここをクリックしておじさんの話を聞いてみて下さい
http://www.hirahidenobu.com/?4510
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=



posted by 株儲け at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

猿でも外貨で儲かる

これらの格付けが債券の発行体別に行われています。

格付けは投資家がデフォルトリスクを判断する重要な指標となります。

一時、日本の格付けが引き下げられたときに、ジャパンプレミアムという言葉がよく聞かれました。

格付けが引き下げられることによって日本のデフォルトリスクが高くなったと判断され、金融機関

などがお金を借りる時には通常の金利よりも高い金利を払わないとお金を貸してもらえないと言う

状態になりました。

その上乗せする金利分がジャパンプレミアムというわけです。

当然、格付けが低い債券は高い利回りとなります。

あまり信用できない人にお金を貸すのなら、高い金利をもらわないと、返してもらえない可能性が

高いので割に合わないのと同じ理由からです。
posted by 株儲け at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

外貨で儲ける

そこで、格付けと言って格付け機関と言われるところが、お金の借り手の信用度を独自の指標で評価し相手がお金を返せないと言わない確度はどの程度なのかを見極めることをしています。

AAAとかAA−(マイナス)というのはその格付け機関が付けた格付けのことです。
(代表的な格付け機関として、スタンダード&プアーズやムーディーズがありますが
ここにあるのはスタンダード&プアーズの格付けです。)

格付けの高い順から
AAAからAA⇒A⇒BBB⇒BB・・・・・と続きます
スタンダード&プアーズの債券の格付けについて見てみます。

AAA・・・予定期日に当該債務を履行する能がきわめて高い。スタンダード&プアーズの最上の格付け

AA・・・当該債務を履行する能力は非常に高く、最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい。

A・・・当該債務を履行する能力は高いが、上位2つの格付けに比べ、状況の変化や経済環境の悪化からより影響を受けやすい。
BBB・・・キャッシュフロー指標は十分であるが、経済環境の悪化や状況の変化などにより、上位の格付けに比べ債務履行能力が低下する可能性がより強い。

「BB」、「B」、「CCC」、「CC」、「C」の債券格付けは債務履行能力について投機的要素が強いとみなされる。この中で「BB」は投機的要素が最も低く、「C」は投機的要素が最も高いことを示す。ある程度の質の良さと債権者保護の措置が備わっている場合もあるが、その効果は、状況が悪化した際の不確定要素やリスクが大きいために打ち消されてしまう。



BB 他の「投機的」格付けに比べ、近い将来に債務が不履行になる可能性は低いが、事業状況、財務状況、経済状況が悪化した場合に、当該債務を期日通りに履行する能力が不十分となる可能性をもたらす、大きな不確定要素やリスクにさらされている。
  B 現在は債務履行能力を有しているが、「BB」の格付けよりも、当該債務が不履行となる可能性はより高い。事業、財務、経済状況の悪化により債務履行能力や意欲は損なわれ易い。
  CCC 債務不履行となる可能性があり、債務履行能力は良好な事業状況や財務、経済状況に依存している。事業状況、財務状況、経済状況が悪化した場合に、当該債務を期日通りに履行する能力がなくなる可能性がある。
  CC 当該債務が不履行となる可能性が非常に高い。
  C 現在、破産法に基づく申請を行っているが、当該債務は引き続き履行されている場合に用いられることがある
  D 債務不履行に陥っている、利払いや元本の返済が期日通り行われない場合に用いられる。支払猶予期間中であっても、支払猶予期間中に支払いが行なわれないとスタンダード&プアーズが判断した場合には、「D」が用いられる。また、破産法に基づく申請などが行われ、なおかつ元利払いが危ぶまれる場合にも用いられる。
                             (スタンダード&プアーズ)
posted by 株儲け at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

外国債投資

デフォルトリスク(信用リスク)

デフォルトリスクというのは、債券に投資する上でのリスクの一つです。

外貨建て債券のリスクは大きく
・ デフォルトリスク 
・ 金利上昇リスク
・ そして外貨建て投資には共通の為替リスク


の3つがあります。
デフォルトリスクというのは、債務不履行のリスク、借りた金は返せないと言われてしまうリスクのことです。
債券というのは発行者が決められた金利を買い手に払う約束をしてお金を、借り手から借りているようなものです。

それなのに、返せないと言われたらお金を貸しているほうは困ってしまいます。

そこで、格付けと言って格付け機関と言われるところが、お金の借り手の信用度を独自の指標で評価し相手がお金を返せないと言わない確度はどの程度なのかを見極めることをしています。

AAAとかAA−(マイナス)というのはその格付け機関が付けた格付けのことです。
(代表的な格付け機関として、スタンダード&プアーズやムーディーズがありますが
ここにあるのはスタンダード&プアーズの格付けです。)

格付けの高い順から
AAAからAA⇒A⇒BBB⇒BB・・・・・と続きます
スタンダード&プアーズの債券の格付けについて見てみます。
posted by 株儲け at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

外貨建て

外貨建て投資のリスクとリターン

外貨建て投資もワンルームマンション投資に劣らず人気の投資です。
一時のブームは通り過ぎた頃かもしれません。

猫も杓子もおじいさんもおばあさんも、米ドル建て債券を買いました。
(金融機関に進められて買いました)


外貨建て債券、外貨預金、外貨MMF

これらは、為替のリスクがある商品です。

なぜ、外貨建て投資が良いのでしょうか?

何よりも利回りの良さ(金利ゼロ状態の日本国内の預金から比べて)がその理由です。

(もしあなたが100万円銀行に預けていたとします。急にお金が必要になったからといって日曜日の午後にでも近所のコンビニに出かけ、そこのATMから1万円でも引き出したら、預けてあった貯金に付いた利息の1年分なんて時間外手数料で全部吹き飛んでしまいます・・・・)

posted by 株儲け at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

投資の壁

http://improbic.ecbb.jp//clk.php?pid=708&type=1



身長163cmの金持ちおじさんが話す 98.7%の人間は一生知る事ができないお金の不思議な秘密とは?・・・・ 今すぐここをクリックしておじさんの話を聞いてみて下さい →

http://www.hirahidenobu.com/?4510



次に、賃貸費用の増加による影響です。


どうしても不動産の場合は修繕費用(リニュアル工事費用を含む)の支出が発生してくるのですが、修繕を確実に行うことでテナントの満足度を上げて、建物性能の維持に努めることは安定的収益を得るために大切なことです。

修繕費用の支出はマイナス要素だけではないのです。

投資法人の上場廃止リスク

REITも株式投資と同じように投資先の倒産リスクはあります。

   また、上場の基準に抵触すれば、上場廃止のリスクも当然あります。



以上がREIT投資のメリットとデメリットです。

posted by 株儲け at 11:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

今度こそやばいぞREIT

不動産マーケットとの連動といっても、実際の不動産の売買価格が下がっているからREITの価格も

下がるかと言うと、あながちそうとも言えません。

もともと、REITは不動産から上がる収益を元にした利回りを考慮して(DCF)、物件の保有をして

いますので、売買益を狙った不動産の売買価格にそれほどは連動しないと思われます。

しかし、保有する不動産からの収益が大きく減少した場合は別です。

長期金利の上昇によってREITの利回りが魅力的でなくなった場合には、資金が債券などのより確

実な投資先に向かう可能性もあります。

また、株式市場が活況になってきた場合にも、ミドルリスク、ミドルリターンのREITを保有して

るよりも目先の上昇を期待できる株式に資金が向かう可能性もあります。

株や、債券との連動性が少ないことが反対にリスクになる場面もありえると言うことです。

実際に2003年の夏に株価が上昇した活況相場の中で、REITの価格は殆ど動きませんでした。

配当低下リスク
posted by 株儲け at 21:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

やばいってREIT

REITのリスク

主なリスクとして次のようなものがあります。
1. 値下がりリスク(元本保証ではない)
2. 配当低下リスク (予想分配額は保証ではない)
3. 投資法人の上場廃止リスク

値下がりリスク
REITも証券取引所に上場されている以上、相場によって値動きします。

そのため、投資した元本を割り込んで価格が下落してしまうこともあります。

REITは、株式市場の動向や景気動向にも左右はされますが、元々、対象となっている不動産から生

じる賃料によって配当原資が捻出されていますので、株式や債券のマーケットよりも不動産マーケ

ットとの連動性が高くなります。

不動産マーケットとの連動といっても、実際の不動産の売買価格が下がっているからREITの価格も

下がるかと言うと、あながちそうとも言えません。
posted by 株儲け at 16:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

独立して儲ける

加盟の前に死んでも知らなければならない10のポイント

無料レポート 公開中こちらからどうぞ⇒http://mailzou.com/get.php?R=3074

お問い合わせはこちらから

http://www.e-routeway.com

posted by 株儲け at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リートャバイ

REITは、小額の投資金額で、いくつかの優良物件に投資したのと同じ効果が得られます。

個人が大きなリスクを抱えて、多額の借入金をしてワンルームマンションに投資することを思えばリスクはかなり限定的といえます。

流動性の面でも個人で投資する程度の金額であれば充分あります。

ワンルームマンションは売りたくても買い手がいなければすぐには売れませんが、REITなら上場していますので何時でも時価で売却することができます。

また、分配金の利回りもほぼ5%前後の実績を出していて

現実のワンルーム投資と比較しても、充分な状況です。

余計な空室リスク、物件管理に頭を悩ませることもなく、いつでも換金でき、利回りも遜色ないどころか、場合によってはワンルームマンションよりも良いケースもあります。


分配金や売却益の税金に関しては上場株式とほぼ同じ扱いとなっています。
(REITで得られた利益は、不動産所得とはなりません。
これは、現物ワンルームマンションへの投資とは大きく違う点です。)

分配金は所得税7%、住民税3%で源泉徴収、申告不要となります。(2008年3/31まで)

売却益は所得税7%、住民税3%で源泉徴収、申告分離課税(2007年12/31まで)・・・特定口座を利用し源泉徴収を選択した場合は申告不要です。

REITを売却して損失が出た場合も売却益が出た場合も株式等の譲渡所得等の金額と損益通算できます。
また、損益通算後に損失が残る場合でも3年間は繰越が可能です。

いいことばかり並べましたが、
もちろんREITにもリスクはつきものです。
posted by 株儲け at 00:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

不動産ファンド

REIT(不動産投信)に投資するのもひとつの手段として考えられます。

J−REIT

上場不動産投信は、証券会社で買えます。

REITは日本ビルファンド投資法人、ジャパンリアルエステイト投資法人、

日本リテールファンド投資法人、オリックス不動産投資法人、日本プライムリアルティ投資法人、

プレミア投資法人、東急リアル・エステート投資法人、グローバル・ワン不動産投資法人等が上場しています。


不動産投信への投資とは、

投資家から資金を集めて、不動産で運用することを目的に設立された会社(不動産投資法人)

の発行する投資証券を買うということです。

posted by 株儲け at 00:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

マンション投資

つまり、今までは相続時に控除されていた、相続税の基礎控除額
(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を
前倒しで使えるようになった制度だということです。

前倒しで使えるメリットとしては、相続時に合算される贈与財産の評価が、贈与時の価額になるという事があります。

そのため、将来値上がりする可能性のある財産であれば、早く贈与しておくメリットが出てきます。(将来値上がりすると分かっている株式等・・オーナーの自社株など)
(※、一度相続時清算課税制度を使った贈与をすると相続時まで、通常の贈与を使えなくなることに注意)

逆に資産価値が下がるものであれば、前倒しで贈与しないほうが良いでしょう。
贈与時よりも相続時に清算される時の価額が下がっていれば、それだけ相続税が少なくて済むからです。

この制度は、相続税が少なくなるような特別のものではないので、相続財産がある程度多い方は一般的に、従来型の贈与で年間110万円の基礎控除枠を使い、相続財産を減らしていく方が節税効果は大きいでしょう。

しかし、相続税の心配をしなくて良い人、であれば相続時清算課税制度を使いマンションを子供に残すメリットはあります。

2500万円というまとまった財産を、遺産相続を待たずに非課税で移転できるわけですから、贈与を受けた人が、それを上手く運用して利益を得られれば、先にもらうメリットがあるわけです。

親からもらった2500万円で、借入金なしでワンルームマンションに投資し、家賃収入を毎月得られるようにする。
そうすれば、相続までに入ってくる賃料収入は本来であれば、なかったものですが、贈与財産によって生み出されたことになります。



では、今まで、見てきたリスクを考えながらも不動産投資のメリットを得たいという人はどうすればよいのでしょうか。

1つの方法としてワンルームにこだわらず不動産に投資する方法。

それも、現物にこだわらずに・・・・、
posted by 株儲け at 10:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

マンションでぼろ儲け マンションで

ただ、2番目の相続時精算課税制度を使って、課税無しに収益を生むマンションを子供に贈与するというのは、投資とは少し異なりますが状況によっては利用できる制度だと思われます。

相続時清算課税制度というのは、65歳以上の親から20歳以上の子へ非課税枠2500万円まで非課税で贈与できるというものです。

非課税枠2500万円を超える贈与に関しては、贈与時に20%の贈与税がかかります。

そして、親が死んでしまった時に、それまでの贈与財産と相続財産を合算して相続税額を計算し、既に支払っている清算課税贈与の贈与税を控除します。

このとき、相続税額から控除しきれない金額がある場合その金額は還付されます。
(相続時に合算される贈与財産の評価は贈与時の価額となります。)

例えば3500万円を贈与する時に相続時清算課税制度を使うと、

(3500万円−2500万円)×20%=200万円

このとき200万円の贈与税が掛かります。・・・@

その後、相続が発生し、(相続時清算課税制度を使った3年以降の場合)相続前に贈与された財産と相続時の相続財産との合計で課税対象となる財産が1000万円となれば、
1000万円に対する相続税率10%を掛けて相続税が100万円になったとします・・A

ところが、前払いで贈与時に200万円の贈与税を払っていますので、相続税と清算し
200万円−100万円=100万円が還付されるというものです。(@−A)

気を付けなければならないのはこの制度では相続税は軽減されないということです。

つまり、今までは相続時に控除されていた、相続税の基礎控除額
(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を
前倒しで使えるようになった制度だということです。

前倒しで使えるメリットとしては、相続時に合算される贈与財産の評価が、贈与時の価額になるという事があります。

そのため、将来値上がりする可能性のある財産であれば、早く贈与しておくメリットが出てきます。(将来値上がりすると分かっている株式等・・オーナーの自社株など)
(※、一度相続時清算課税制度を使った贈与をすると相続時まで、通常の贈与を使えなくなることに注意)

posted by 株儲け at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。